聖化とは

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

仕事をしながら、夜中にブログを更新しています。
この仕事が終われば、12月3日はクリスマスライブが教会で行われます。

礼拝のメッセージも楽しみです。

先週の主日の聖書の学びで聖化について学びましたので、共有したいと思います。

聖化とは

キリストを信じる者が、この世で神様から受ける祝福は、①義とされること、②子とされること、③聖とされることの3つがあります。

1つ目の義とされるとは、下記の記事でも学びましたが、神様との契約において正しいものということです。罪を犯した人間ですが、神様の福音を受け入れ、義とされるのです。

この義として認められる義認があり、その後聖化があります。

聖化は、その言葉通り、聖霊によって、聖くなることです。常に聖書の御言葉にしたがって行動し、神様の似姿になることです。

今回の学びでは、そのバランスが大切だということを学びました。

義認を強調する

自分はキリストの福音を受け入れて、クリスチャンになり、神様に認められたんだ、義とされたんだということで、極端に言うと、あとは天国に行くまで何もしなくてもよい、ただ待てばよいのだという考えに陥ることがあるということです。

聖化を強調する

自分は聖霊によって正しい行動をしている、すなわち自分は正しいのだという考えとなり、他人の悪い部分ばかりを見てしまいます。

そうなると、教会においてみんなで礼拝を捧げようとしても、他人の悪い部分や出来ていない部分ばかりが目に留まり、結局協同体から分離され、自分ひとりだけの世界に入ってしまうことがあると言います。

義認と聖化のバランスが大切

義認と聖化のどちらかに偏っても、結局そのリバウンドが来てしまいます。したがって、バランスが非常に大切です。

神様の福音を受け入れ、クリスチャンとなり、神様から義として認められ、聖霊の力によって、聖化するということは、神様のご計画に入っています。

従って、私たちは最終的には必ず聖化します。

ヨハネによる福音書16章33節

33 これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」

この世では様々な苦しみがあり、クリスチャンになったことで、さらに苦しみが増えることもあります。

しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っていると神様はおっしゃってくださいます。

神様のご計画の中で我々は生きていること、そしてその先には勝利が待っていることを肝に銘じて、信仰生活を歩んでいきたいと思います。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。