昔の人の言い伝え

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

昨日は台風24号が日本に上陸して、東京も被害にあいました。

JRが20時に計画運休をするということになり、教会でも早めの帰宅を促しました。
今朝もその影響が残っており、私も地下鉄が遅れて、ホームに人が群がり、会社の出勤時間に遅れてしまいました。

また台風25号が発生して、向かってきているらしいので、何とかそれてほしいですね。
来週は3連休で、教会の人と祝日にお出かけする計画を立てているので、台風が来ない様祈ります。

マタイによる福音書15章1節から15節

1そのころ、ファリサイ派の人々と律法学者たちが、エルサレムからイエスのもとへ来て言った。 2「なぜ、あなたの弟子たちは、昔の人の言い伝えを破るのですか。彼らは食事の前に手を洗いません。」 3そこで、イエスはお答えになった。「なぜ、あなたたちも自分の言い伝えのために、神の掟を破っているのか。 4神は、『父と母を敬え』と言い、『父または母をののしる者は死刑に処せられるべきである』とも言っておられる。 5それなのに、あなたたちは言っている。『父または母に向かって、「あなたに差し上げるべきものは、神への供え物にする」と言う者は、 6父を敬わなくてもよい』と。こうして、あなたたちは、自分の言い伝えのために神の言葉を無にしている。 7偽善者たちよ、イザヤは、あなたたちのことを見事に預言したものだ。 8『この民は口先ではわたしを敬うが、/その心はわたしから遠く離れている。 9人間の戒めを教えとして教え、/むなしくわたしをあがめている。』」 10それから、イエスは群衆を呼び寄せて言われた。「聞いて悟りなさい。 11口に入るものは人を汚さず、口から出て来るものが人を汚すのである。」 12そのとき、弟子たちが近寄って来て、「ファリサイ派の人々がお言葉を聞いて、つまずいたのをご存じですか」と言った。 13イエスはお答えになった。「わたしの天の父がお植えにならなかった木は、すべて抜き取られてしまう。 14そのままにしておきなさい。彼らは盲人の道案内をする盲人だ。盲人が盲人の道案内をすれば、二人とも穴に落ちてしまう。」 15するとペトロが、「そのたとえを説明してください」と言った。

昔の人の言い伝えは口伝律法と言います。食事の前に手を洗うのは、日常生活において、手は最もよく使うことから、罪の汚れが付くと考えられており、神様とのまじかりの時間である食事の際に、手を洗うことが必要とされていました。

ファリサイ派の人々と律法学者たちは、キリストの弟子たちが手を洗っていないことを指して、口伝律法を守っていないという指摘をキリストにしています。

するとキリストは、ファリサイ派の人々と律法学者たちこそ、神の掟を破っていると言われるのである。

神は、父と母を敬え、父と母をののしるものは死刑に処せられると言われている。
それなのに、ファリサイ派の人々と律法学者たちは、父と母に差し上げるものを、神様への供え物にすると言う理由で、父と母にあげていないということである。これは偽善であるとキリストは言われているのである。

神様を都合よく使い、父と母を敬うことをしていないのである。

私達も、クリスチャンとして信仰生活をしているとき、神様を都合よく使ってしまっていることはないか、自問することが必要ですね。

罪は外から入ってくるのではなく、自らの内から出来れ来るのです。
しかも自分の罪を認めず、他人の罪ばかり指摘して責めている。

自分も含めて、ファリサイ派の人々と律法学者たちのような人が最近多いですね。

気を付けて行きたいものです。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。