生活の中の余白を通して神を知る

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

教会で聖書勉強を行っているのですが、下記の書籍を通して聖書勉強をしていました。
その中で「生活の中で余白をつくる」事が大切だと書かれています。

エクササイズ ―生活の中で神を知る (いのちのことば社)

私たちの中にある誤った神観をイエスの神観によって正し、霊的な訓練(霊のエクササイズ)を実践することによって霊的な成長を目指す。

ちょうど9月から10月は仕事が忙しい時期で、毎日残業したり、休日も出勤することが多いのが現状です。そうなってくると、疲れがたまったり、ストレスも多くなり、神様に対して祈る心も余裕もなくなってしまうことがあります。

そこで、意識して毎日の生活の中で何もしない時間を作ることで、リラックスでき、神様のことをゆっくり考える時間が持てるということです。

どんなに忙しくても、30分程度は時間が作れます。

ということで、今日は朝早く起きて、デニーズでコーヒーを飲んでいました。
新聞ももらえるし、モーニングはあるし、もう少しコーヒーが美味しければ言うことないですね。

今週末の3連休も、主日の礼拝を除いて、会社へ出勤しようかと考えていましたが、先週教会の人からリトリートに誘われて、山中湖へ行くことになりました。

これは主がくれたお休みかなと思いましたので、行くことにして、それまでは仕事を頑張って終わらそうと思います。

忙しい毎日を送っている方も、少しの余白時間を作ってみてはいかがでしょう。

ヨハネによる福音書14章14節

14わたしの名によってわたしに何かを願うならば、わたしがかなえてあげよう。」

愛と従順は、わたしたちを祈りへと導きます。従順するひとは正しい人です。その正しい人が神様に対して祈る時、主は聖霊様を通して大きな恵みを与えてくださるのです。

これほどうれしい神様との約束はありません。

どうか私達が神様に対して従順になり、祈る心を与えてください。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。