ありのままの自分にも価値がある

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは。堀本です。
今日は恵みの主日です^^。皆様の上にも、神様の定められた安息日として、よき休息の時間となったことを信じます^^

今日の礼拝、メッセージ、その他の時間はとても恵みにあふれた時間だったのですが、同時に僕には反省すべき点二点ほどありました。

一点目ですが、礼拝の後に備えられているお茶会の時間に、ハッピーバースデーのピアノを頼まれたのですが、これを壮大に弾き間違えてしまいました(笑)。正直あまり自分も自信がなかったのですが、ちゃんと考えずに安請け合いをしてしまった結果なので、これは僕の思慮不足だったなと反省しています。ちゃんと断るべき時には、断る勇気もとても大切だと学びました。と同時に、人前で何かをやる時には緊張して頭が真っ白になるので、もっと耐性つけたいななんて思いました。

二点目は、僕は聖歌隊に属しているのですが、夕方の練習の際にお土産をとってきてもらうように頼まれたのですが、ちゃんと見つけられずに、何故か何時のものかわからないお土産だけを見つけて持っていくという失態をやってしまいました。。うーん、注意散漫ですね。。

こんな感じで、反省すべき点もあったのですが、そのほかは本当に恵みあふれる時間でした。何より、こんな失敗ばかりの僕をも見捨てずに愛してくれている神様の愛により、気持ちを切り替えて再び立ち上がることができていることに感謝ですね(昔の神様を知らない頃の僕だったら、今日みたいな日はきっとすごく落ち込んで、自分の殻に閉じこもってしまっていたのだろうなと思います)。このように小さな僕をも、価値ある存在として愛してくださっている神様に感謝します。

今日のメッセージの箇所は、マタイによる福音書9:9-13でした。この中で特に僕の印象に残っている箇所は、9:12-13の箇所になります。

イエス様がこの世にこられたのは、正しい人ではなく、僕たち罪人の為にこられたという箇所です。僕たち罪人の為に無償の愛をくれた神様の為に、僕が今できることはなんであるのかを、最近はよく考えます。

(神様と共に歩みを進めていく中で、変わっていくこともあるかと思いますが)現時点では僕は先に救われた身として、僕と関わりのある人たちに神様の愛を知らせていきたいなって思っています。どんな人にだって、価値がある存在であることを知ってもらう手助けを、遣わされた場所場所でやって行けたらいいなって思っています。

昔の僕は自分に自信がなく、周りの目ばかりを意識していましたし、自分自身には大した価値なんてないとまで思っていました。将来への希望なんてものもありませんでした。

でも、そんな僕でも、神様の愛を知った今は、どんなに失敗しても神様が愛してくれていることを知りました。ありのままの僕も、価値ある存在であると神様がおっしゃってくださっていることも知りました。どんなに失敗しても、神様の力強い御手に支えられ、再び立ち上がれるように勇気をもらいました。

今日もたくさん恵みをもらいましたから、このいただいた恵みを、明日から遣わされている場所で人々にも分け与えていきます^^

あ、でもその前に、今日の失敗について神様に慰めてもらいます(笑)

マタイによる福音書9:9-13

9. イエスはそこをたち、通りがかりに、マタイという人が収税所に座っているのを見かけて、「わたしに従いなさい」と言われた。彼は立ち上がってイエスに従った。
10. イエスがその家で食事をしておられたときのことである。徴税人や罪人も大勢やって来て、イエスや弟子たちと同席していた。
11. ファリサイ派の人々はこれを見て、弟子たちに、「なぜ、あなたたちの先生は徴税人や罪人と一緒に食事をするのか」と言った。
12. イエスはこれを聞いて言われた。「医者を必要とするのは、丈夫な人ではなく病人である。
13. 『わたしが求めるのは憐れみであって、いけにえではない』とはどういう意味か、行って学びなさい。わたしが来たのは、正しい人を招くためではなく、罪人を招くためである。」

礼拝メッセージメモ

追記

今日、久しぶりに教会に来てくださった方と、いっぱいお話できたのがとても良かったです。その方は仕事で車掌をやられている方で、車掌という仕事の大変さを知るとともに、電車というのはこういった仕事をやられている人たちの支えで成り立っているものだと知りました。

また、スポーツがお好きだとおっしゃっていたので、今度卓球を一緒にやりましょうと誘ってしまいました(笑)。これも楽しみだなー^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。