主日の聖書分かち合い

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

今日は教会で礼拝を捧げてきました。

誕生日の人がいるので、みんなでお祝いしました。なかなか大人になって、誕生日を20、30人からお祝いされる機会もないので、嬉しいですね。

わたしが嬉しいのは

寄せ書きですね(笑)これこそ、教会でしか貰えないし、嬉しかったなあ。

聖書の分かち合い

今日も、みんなで聖書の分かち合いをしました。

Ⅰテモテへの手紙4章6節から16節

みことばの鍛錬が必要です。

身体の鍛錬も必要ですが、信心の鍛錬は、もっと重要とのこと。

具体的には、教会で行なっている聖書勉強である「BIBLE TIME」を受講して、しっかり学ぶこと。

聖書を体系的に学ぶことは大事かなと思っています。

まだ、自分の中でも、年代や歴史的な事実と合わせて、理解できていないことが多いなと感じています。

これは、前から思っていたけど、なかなか実践できていませんでした。

今日気がついたこと

13節に、「わたしが行くときまで、聖書の朗読と勧めと教えに専念しなさい」とあります。

ところで、礼拝の中心は何でしょう。

説教(メッセージ)です。

祈りでしょうか。

との意見が出たが、もちろんそれらも大事だけれども、中心とするなら、聖書朗読です、と教えられました。

追伸

今日はauの特典で、動物園が無料ということだったなので、写真を撮りに行こうかなと思ったんだけど、営業時間が短く、ちょっと無理かなと思い、予定変更。

仕事で知り合った画家の方が個展してるのを思い出し、行こうかなと検索したら、昨日で終了してました…。

んー、何事も、事前準備が必要だなと後悔。