聖書通読と日常の変化について

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

みなさん、聖書を毎日読んでいますか。
以前、ブログにも書きましたが、教会で聖書通読に取り組んでおり、予定では、今週は民数記となります。

私と言えば、ようやく今日から、民数記に入るところです。
ちょっと遅れていますね。いかんいかん。

8月6日からスタートした聖書通読も1カ月ちょっと経ちました。
毎日聖書に触れることにより、ちょっとした変化がありました。

聖書を読むと、変化に敏感になる

聖書通読を行う前は、聖書を読むときと読まないときがありました。
クリスチャンであれば、経験することかもしれません。

なぜ聖書を読まなくなるのか

クリスチャンなのに、なぜ聖書を読まないのか。
いろいろ理由があるでしょう。

  1. 仕事や学校で忙しいから、読む時間がない
  2. めんどくさい
  3. 聖書の代わりに、祈りを毎日しているから

正直、わたしも、1番や2番の理由を言ったこともあります。
読む時間なんて工夫すればいくらでも作れるのに、めんどくさいと思っていたかもしれません。
こんなことでは、クリスチャンとは言えません。

聖書に毎日触れるきっかけ

ちょうど、8月に当ブログを開設しました。
教会での分かち合いの時にブログでの伝道をしたいということを発表し、賛同してくれた堀本くんとスタートしました。

また教会での聖書通読プロジェクトがスタートしまいた。

神様は、この2つのことをきっかけとして、私に聖書を読む習慣をつけさせようとしてくださったと思っています(ひとつだと神様も不安だったのかなあ)。

これをきっかけに毎日聖書に触れるようになると、変化がありました。

①聖書を読み、祈りを行うと。その祈ったことに敏感になります。
先日、仕事でクライアントから発注する数を増やしたいと連絡がありました。
その他、新規の事業に係る話がありました。
仕事のことも祈っていたため、主の力かなと思いました。

②心に平安が与えられます。
聖書のみことばは、私たちに力を与えてくれると同時に、平安も与えてくれます。心配事 や悩みがあっても、必ず主がともにいて下さって、道を備えてくださっているので、私は今自分ができることを集中して取り組めばいいんだと思えるのです。

このように聖書に触れることによる変化に気が付くと、時間がない、めんどくさいなどの理由で聖書を読まない、なんてことはなくなります。

いつでもどこでも聖書が読める環境

わたしは、読みたくなった時にすぐに聖書を読むことができるよう、あらゆるデバイスに聖書を入れています。

  • iPhoneやiPadで聖書アプリ
  • iPhoneでリスニングバイブル
  • 会社と家のPCにGLOという聖書ソフト

こうしておけば、いつでも聖書にアプローチすることができます。
昨日もクライアントとの打ち合わせが終わった時点で5時過ぎだったので、早めに上がり、木場公園を散歩しながら、リスニングバイブルを聞いていました。

聖書を持っていない方へ

まだ聖書をもっていないかたは、日本聖書協会のサイトに、愛読こよみというページがあり、毎日聖書に触れることができるようになっています。

愛読こよみ
https://www.bible.or.jp/read/aidoku.html

フィリピの信徒への手紙 4:4-8

愛読こよみの9月14日のみことばです。

主において常に喜びなさい。重ねて言います。喜びなさい。

あなたがたの広い心がすべての人に知られるようになさい。主はすぐ近くにおられます。

どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。

そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

終わりに、兄弟たち、すべて真実なこと、すべて気高いこと、すべて正しいこと、すべて清いこと、すべて愛すべきこと、すべて名誉なことを、また、徳や称賛に値することがあれば、それを心に留めなさい。
(フィリピの信徒への手紙 4:4-8)

本当に、聖書を読みようになり、祈りを捧げるようになってから、みことばの通りに変化がありました。

どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。

そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう。

まさにこれを今日のブログで書きたかったのです。
こんなところにも主の導きがあるんですね。

さあ、きょうから民数記を読んでいきます。
わくわくしながら聖書を読みたいと思います。