重荷を背負うものは神様にお祈りしましょう

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

ここ最近、しっかり眠ることができずに、寝付けなかったり、夜中に起きてしまい、そのまま朝を迎えるということが続いていました。

そして、土曜日に下記の通り、お出かけしたのですが、実は途中で頭痛がして、電車で帰りました。

そして、早めに寝たのですが、体調がよくなくて、教会の礼拝を休んでしまいました。

心配事やストレス、仕事などが重なって、寝られなかったのかなと思います。

そういえば、最近自分のために祈っていなかったかなと思います。

マタイによる福音書11:28

疲れた者、重荷を負う者は、だれでも
わたしのもとに来なさい。
休ませてあげよう。

この御言葉のように、神様はいつでも癒してくださいます。

重荷とは何でしょうか。
自ら犯してしまった罪や不安なこと、思い煩い、心配事など様々あります。

イエス様は、私たちの罪や重荷を全て十字架で取り去ってくれました。そのため、全てをゆだねて神様に祈ると、やすらぎが与えられます。

わたしも何度も癒していただきました。

しかし、最近、その重荷を自分で解決しようとしていたため、そのことについてお祈りすることがありませんでした。

今日からは、この御言葉をかみしめて、祈りを捧げたいと思います。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。