まことの光

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日でしたね^^。今日一日も、皆様にとっての良き休息の時間であったことを信じます。

今日のメッセージの箇所はヨハネによる福音書1:1-13でした。

この福音書は、他の3つの福音書とは少し異なった視点から書かれており、イエス様の本質をよく表した福音書であると言われているようです。この福音書を通して、僕たち一人一人の信仰を再度見直す機会が与えられて感謝ですね^^

ヨハネによる福音書20:31に書かれているように、イエス様が神の子であることを受け入れるものは、命を得るとあります。そのためにも、イエス様のことを良く知っておくことがとても大切とのことでした。

イエス様を知る上で、このヨハネによる福音書はとても大きな意味を持っているとのことでした。(と同時に、この福音書のみに書かれていることや、用語などがあり、難しい福音書でもあるとのことでした)

イエスキリストこそが、天地創造の前からおられ、天地を創造された方であることを信じます。また、まことの光として、僕たちの足元を照らし、導いてくださることに、心から感謝いたします^^

以前は僕はとても負けず嫌いで、何事も人よりも出来るようになりたいという気持ちが強く、何事に対しても努力して人よりも上手くなろうという気持ちを持っていました。(そうしないと、自分自身には何の価値もなくなってしまうような、そんな思い込みをしていました)そのため(特に自分がやりたいと思ってでもなく)努力をして出来るようになろうとしてきたことが、振り返って見ると結構あるように思います。

しかし、当然といえば当然でしょうが、(どんな分野であっても)僕よりも上手い人はいくらでもいて、それを見るたびに、いつも劣等感ばかりを感じていましたし、心の中ではただ不安ばかりを感じて生きてきたように思います。

将来に対する希望はおろか、今いる場所からの少し先(足元)にも、ただ闇が広がっていただけで、そこに平安というものはありませんでした。

でも、今神様に出会えたことで、(もちろん完全にというわけではないですが)以前ほど人と比較する気持ちを持つこともなくなりました。ありのまま、弱さを持った自分にも、少しずつですが向き合っていけている姿に気づきます。

今こうして、心の平安というものを感じて生きていられることが、僕にとっては本当に奇跡のような出来事ですし、神様からの恵みだなと思います^^

まだまだ将来のことは、正直よくわかりませんし、時には弱くなることも当然ありますが、今いる場所の足元を確かに照らし、導いてくださる方が共にいてくださることを、心から確信し感謝いたします。変わらず共にいてくださる方がいるというのは、本当に心強いことだなって思います^^

また、一つ気をつけたいなと思ったこととして、努力そのものはとても大切なことではあると思いますので、人に誇るための力を得ようとする努力ではなく、(神様が喜ばれる使い方のための)正しい努力を行なっていけるように、決して怠けてしまうことはないようにはしたいなって思いました^^

すべて神様がただ恵みとしてくださったことに、心から感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

ヨハネによる福音書1:1-13

1:1 初めに言があった。言は神と共にあった。言は神であった。
1:2 この言は、初めに神と共にあった。
1:3 万物は言によって成った。成ったもので、言によらずに成ったものは何一つなかった。
1:4 言の内に命があった。命は人間を照らす光であった。
1:5 光は暗闇の中で輝いている。暗闇は光を理解しなかった。
1:6 神から遣わされた一人の人がいた。その名はヨハネである。
1:7 彼は証しをするために来た。光について証しをするため、また、すべての人が彼によって信じるようになるためである。
1:8 彼は光ではなく、光について証しをするために来た。
1:9 その光は、まことの光で、世に来てすべての人を照らすのである。
1:10 言は世にあった。世は言によって成ったが、世は言を認めなかった。
1:11 言は、自分の民のところへ来たが、民は受け入れなかった。
1:12 しかし、言は、自分を受け入れた人、その名を信じる人々には神の子となる資格を与えた。
1:13 この人々は、血によってではなく、肉の欲によってではなく、人の欲によってでもなく、神によって生まれたのである。

追記

今日も教会において、挟み将棋を何局かやりました。みなさん強い人ばかりで、いつも驚かされます^^。みなさん、どうやって鍛錬してきたのでしょう。。

今日もこうして、良い交わりの時間を与えてくださった神様に、心から感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。