信仰の戦い

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

1週間ぶりの更新となってしまいました。
この間、仕事ばかりしており、疲労がたまっております。
しかし、ちゃんと更新していかないとだめですね。

テモテへの手紙1 6章12節

12 信仰の戦いを立派に戦い抜き、永遠の命を手に入れなさい。命を得るために、あなたは神から召され、多くの証人の前で立派に信仰を表明したのです。

信仰の戦いとは、正しく生きることを意味します。
この世は、人間にとって多くの罪があります。もちろん法的な犯罪だけではなく、聖書の中で言えば、十戒も有名ですね。(詳細は過去の記事を参照)

聖書を毎日読み、祈りを捧げているクリスチャンでも、全く罪のない人はいません。
しかし、クリスチャンでない人は、自ら犯している罪について、それほど意識していないと思います。

一方、クリスチャンは、聖霊が自分の内に内在しており、罪を犯したときに、自責の念に駆られます。したがって、神様に祈りを捧げるときに、自ら犯した罪を悔い改めます。

この戦いは、クリスチャンである以上生涯続きます。

そんなのつらいだけじゃんという声も聞こえてきそうですが、そうではありません。
もし周りにクリスチャンの友達や知り合いがいるならば、聞いていただければわかるかと思いますが、必ず毎日の生活で信仰の戦いをしている人は、神様から祝福をいただけます。

それを証し(あかし)として、多くのクリスチャンが経験している神様からの祝福です。

今日も信仰の戦いに勝利できるよう、祈ります。

追伸

先日、教会のメンバーから「世界の恵まれない子供たちにクリスマスプレゼントをしよう」という声がありました。

これは下記のYoutube動画のとおり、シューボックスにプレゼントを詰めて、世界中の子供たちにプレゼントする企画です。(詳細は動画をご覧ください。)

子どものプレゼントは何が喜んでくれるのか悩みましたが、下記のものにしました。
プレゼントを買いに行くときは、幸せな気分になります。
こんな機会を与えて下さったメンバーと神様に感謝です。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。