収穫感謝礼拝

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日ですね。皆様にとっても、主からの豊かな祝福が溢れる一日であったことを信じ、感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、コロサイ信徒への手紙3:16-17でした。収穫感謝礼拝ということで、神様に対する感謝に関するテーマでのメッセージになっていました。

収穫感謝礼拝というのは、17世紀のピューリタンたちに起源をもつようです。この礼拝には、目に見える収穫物だけへの感謝ではなく、それに至るまでの、神様の計画すべてに対する感謝を表したものでした。

イギリスを出発し、未開の地であったアメリカを目指した彼らの道のりは(最終的には、イギリスでの迫害から逃れ、信仰の自由を手にすることとなりますが)、決して簡単なものではなかったはずです。この過程すべてに対する、神様への感謝を含んだものであることを、こうして再度知ることができて感謝でした^^

  • テサロニケ信徒への手紙(I)5:16-18
  • フィリピ信徒への手紙4:6

にあるように、神様に感謝することは、神様が望んでおられ、喜ばれることであることがわかります。

逆に、神様への感謝を失ってしまったら、それは神様を神様としてあがめないことなり、あらゆる罪の根源となることにもつながってしまいます。

僕自身、神様に対する感謝というのは、最近は本当に色んなところで感じます。 日々こうして一日を振り返ったり、見返したりする中で、何気ない日常の中にも、あらゆる面で神様からの助けがあることに気づくことが結構あります。(こうして毎日働く場所が与えられて、健康が守られ、また、置かれた場所で精一杯頑張ろうという気持ちがもてることも、僕にとっては奇跡のようなものだなって思います)

当然ながら、いつも、どんな瞬間でも神様への感謝を出来ているかというと、そんなことは出来ていないと思いますし、ふとした瞬間には神様を忘れ、(昔のように)自分の力により頼んでいる姿にも気がつきます。

いつ、どんな状況であっても、神様への感謝を忘れず、あゆんでいけるようになりたいです。すぐに変わることは出来ないでしょうが、少しずつでも、確実にそうなって行けることを確信し、感謝します^^

今日一日も、たくさんの恵みをくださった神様に、心から感謝いたします^^。

今日受けたたくさんの恵みを持って、明日からの主が任せてくださった場所場所で、隣人たちに分け与えていける僕でありたいなと思います^^

メッセージメモ

みことば

コロサイ信徒への手紙3:16-17

3:16 キリストの言葉があなたがたの内に豊かに宿るようにしなさい。知恵を尽くして互いに教え、諭し合い、詩編と賛歌と霊的な歌により、感謝して心から神をほめたたえなさい。
3:17 そして、何を話すにせよ、行うにせよ、すべてを主イエスの名によって行い、イエスによって、父である神に感謝しなさい。

追記

今週木曜日より、長崎の聖地巡礼に行ってきます。

調べている中で、思っていた以上にたくさんの教会があることをしりました。(交通の便が良くない場所に、教会が多くあるのは、隠れて信仰を守るためにそうなった一面もあることを知りました)。

今日このあとに、オリエンテーションがあります。こちらの巡礼も、行くからにはしっかり意味あるものにしたいなって思います。皆様も、よろしければお祈りお願いしますね^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。