九十九島周辺

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
明日はクリスマス礼拝ということで、主への感謝を心から表す日でありたいものですね^^

本日は、まずは昨日は入れなかったカトリック三浦町教会の礼拝堂を見学。大きな教会ですね。早朝ミサをやっていたみたいなので、できればこちらにも参加したかったです。

そのあと、市営バスで九十九島に移動。まずは九十九島水族館海きららに行ってきました。昨日泊まったホテルで、こちらの割引券をいただいていたことで、500円で入場することができて感謝です^^

九十九島というのは、たくさんの島が存在することを比喩して名付けられたもののようで、実際には200以上の島が存在する場所のようですね。

そういった地理的な理由もあり、手つかずのままの形で残っている場所が多く、他では見られないような海の生き物も多く存在するようです。

特に印象に残っているのが、カブトガニです。絶滅寸前と言われているこのカブトガニが、この九十九島周辺には普通に生息しているというのを知りました。

クラゲも、新種のクラゲがたくさん発見されているようで、いくつかをこちらの水族館で見ることができて嬉しかったです^^。イルカが遊んでいました。

水族館を出てから、九十九島遊覧船(パールクィーン)に乗船。近くに存在する島を船の中(上)から見ることができて、とても良い経験になりました^^

佐世保駅前へのバスを待つまでの間に、ちょっと時間があったので、近くにあった、カトリック鹿子前教会にお邪魔してきました。

バスでお昼頃に佐世保に移動し、13:00の高速バスで福岡空港に向けて出発。15:00時ごろに福岡空港に着いたのですが、まだ多少時間があったので二駅移動して博多に。

今回の旅の締めとして、博多皿うどんをいただきました。とっても美味しかったのですが、これは皿うどんというよりも焼うどんに近いですね笑。

こちらを食べて、福岡空港に移動し、現在は東京(成田)行きの便の登場待ちという感じになります。

今回の旅も、結構色々詰め込んだものになりましたが、色々な体験や新たな発見があり、とても良い旅となりました。次はそろそろヨーロッパに挑戦したいものですね^^

今日一日も、良い時間をくださった神様に心から感謝いたします。

みことば(通読で心に残った箇所)

箴言29:14

弱い人にも忠実な裁きをする王。その王座はとこしえに堅く立つ。

追記

遊覧船に乗っている際、島の近くに「徐行」と書かれたバルーンが浮かんでいました。

海の上でも、徐行って言うのですね。初めて知りました^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。