知恵の正しさは、その働きによって証明される

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日でした。主への心からの感謝を表す一日となったことを信じ感謝します^^

今日のメッセージ箇所は、マタイによる福音書11:7-19でした。先週に引き続き、「私につまずかないものは幸い」という大きな主題の続きとなります。

11:7からの箇所において、洗礼者ヨハネがどのような人であるのかをイエス様が話されています。今ヨハネは投獄されており、人々の記憶から徐々に忘れ去られていっている中で(ヨハネ3:30)、こうしてヨハネのことを話されているのは、イエス様が人々に伝えたいメッセージがあったからのようです。

11:10を見ると、ヨハネは旧約聖書において預言されて現れた人であることが書かれています。マラキ書も見ると、次の二つのことが預言されています。

  • 使者を送る
  • 待望している主が突如聖所に来られる

この二つのことは切り離せるものではないことが、とても重要とのことでした(どちらか一方のみが実現されることはない)

今日の箇所を通して、「ヨハネのことを見なさい(思い出しなさい)」というのは、そのことを通して、「(対となる)イエス・キリストというメシアが来られる」ということを覚えなさいということのようです。

つまり、今日の箇所を通してイエス様が私たちに伝えたかったことというのは、ご自身が真の救い主であることを、ヨハネを用いながら私たちに証しされているということのようです。

私たち一人一人が、耳のあるものとして、このことをよく覚えて日々歩んでいきたいですね^^

今日一日も、イエス様のことをまた一つ知ることができた恵みに心から感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

マタイによる福音書11:7-19

11:7 ヨハネの弟子たちが帰ると、イエスは群衆にヨハネについて話し始められた。「あなたがたは、何を見に荒れ野へ行ったのか。風にそよぐ葦か。
11:8 では、何を見に行ったのか。しなやかな服を着た人か。しなやかな服を着た人なら王宮にいる。
11:9 では、何を見に行ったのか。預言者か。そうだ。言っておく。預言者以上の者である。
11:10 『見よ、わたしはあなたより先に使者を遣わし、/あなたの前に道を準備させよう』/と書いてあるのは、この人のことだ。
11:11 はっきり言っておく。およそ女から生まれた者のうち、洗礼者ヨハネより偉大な者は現れなかった。しかし、天の国で最も小さな者でも、彼よりは偉大である。
11:12 彼が活動し始めたときから今に至るまで、天の国は力ずくで襲われており、激しく襲う者がそれを奪い取ろうとしている。
11:13 すべての預言者と律法が預言したのは、ヨハネの時までである。
11:14 あなたがたが認めようとすれば分かることだが、実は、彼は現れるはずのエリヤである。
11:15 耳のある者は聞きなさい。
11:16 今の時代を何にたとえたらよいか。広場に座って、ほかの者にこう呼びかけている子供たちに似ている。
11:17 『笛を吹いたのに、/踊ってくれなかった。葬式の歌をうたったのに、/悲しんでくれなかった。』
11:18 ヨハネが来て、食べも飲みもしないでいると、『あれは悪霊に取りつかれている』と言い、
11:19 人の子が来て、飲み食いすると、『見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ』と言う。しかし、知恵の正しさは、その働きによって証明される。」

日々のみことばメモ

追記

今日はバレンタイン企画として、教会の姉妹たちからの出し物がありました。ダンスやすごろく、心のこもったデザートの用意など、たくさんの恵みをいただいて感謝ですね^^

お昼ご飯の時間に、誕生日を迎える三人の祝福の際、二曲ほど伴奏したのですが、やっぱりコード伴奏は難しいなって思いました。でも、今年はこういった苦手なことにも(できる範囲で)取り組んでいこうと思っています。上達するための努力もちゃんとやっていきたいですね^^

また、変わらずまた夕方ボードゲームと、人狼にも少し参加してきました。色々な兄弟姉妹たちとお話しする機会があり、とても良い一日でした^^

全ての与え主である神様に、心から感謝いたします。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。