イエス様に繋がって歩むこと

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
四旬節2回目の主日として、兄弟姉妹たちと共に礼拝を捧げられたことに感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、マタイによる福音書11:25-30でした。奇跡が行われたのに、悔い改めなかった(神様に立ち返らなかった)町々の民たちを、イエス様が叱られた後の箇所となります。

今日の箇所は、天地の主である神様をほめたたえる箇所から始まっています。これらのことを、知恵あるものや賢いものには隠し、幼子なようなものには示したとあります。

これらのこととは、イエス・キリストが真の救い主(メシア)であることなのですが、これらのことを隠されるのも、示されるのも全て神様であることを忘れないようにしたいなって思いました。

私たちが信じている福音というのは、私たちの力で得たものではなく、神様がただ恵みの中でくださったものであることに感謝です^^

そして、イエス様と繋がって日々を歩めること。これがどれほど心に安定をくださっているかに再度気づかされました。イエス様がいつも共にいてくださることに、心から感謝ですね^^

神様から頂いた今日のみことばを持って、明日からも遣わされる場所において、イエス様が私に示してくださった愛を覚え、イエス様のような心で隣人に愛を持って接して行けるようになりたいなって思います^^

今日一日も、全ての面で歩みを支えてくださった神様に、心から感謝いたします。

メッセージメモ

みことば

マタイによる福音書11:25-30

11:25 そのとき、イエスはこう言われた。「天地の主である父よ、あなたをほめたたえます。これらのことを知恵ある者や賢い者には隠して、幼子のような者にお示しになりました。
11:26 そうです、父よ、これは御心に適うことでした。
11:27 すべてのことは、父からわたしに任せられています。父のほかに子を知る者はなく、子と、子が示そうと思う者のほかには、父を知る者はいません。
11:28 疲れた者、重荷を負う者は、だれでもわたしのもとに来なさい。休ませてあげよう。
11:29 わたしは柔和で謙遜な者だから、わたしの軛を負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。
11:30 わたしの軛は負いやすく、わたしの荷は軽いからである。」

日々のみことばメモ

追記

今日の夜、教会の兄弟たちと共にモノポリーをやりました。モノポリーというゲームはやったことがなかったのですが、これがなかなか面白かったです^^

僕は土地を全然買うことができず、いつのまにか破産する感じになって、後半は見学という感じにはなりましたが、どうやって戦えば良いのかが少し分かってきたので、次は最後までゲームに残れるようにしたいものです。

よき交わりの時間をくださった神様に感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。