イエス様だけが唯一の道

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日として、兄弟姉妹たちとともに礼拝を捧げることができたことに感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、マタイによる福音書12:15-21でした。イエス様が癒しの御業を続けて行う中で、多くの群衆がイエス様にしたがっていく様子が描かれています。

16節において、イエス様は自身のことを良いふらさないように言われました。これは、預言者イザヤを通して神様が示されていたことが実現されるためにとのことでした。

神様は、約束されたことを必ずなしてくださる方であることに感謝ですね^^

12:20からの節において、来るべきメシアは、静かに、謙遜な姿を持ってやって来られることが預言されています。実際に、全く罪のない方であるイエス様が、十字架の上で流された血潮によって、救いを成されました。

この憐れみ深いイエス様によって、今僕たちが神様の前に礼拝を捧げられるように回復されたことに感謝ですね^^

今日の箇所を通して、イエス様のみが唯一の道であることを再び確認する恵みが与えられたことに感謝です。明日からの生活においても、神様(イエス様)のみに望みをおいて歩めるようにしたいものですね^^

今日一日も、たくさんの恵みを与えてくださった神様に、心から感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

マタイによる福音書12:15-21

12:15 イエスはそれを知って、そこを立ち去られた。大勢の群衆が従った。イエスは皆の病気をいやして、
12:16 御自分のことを言いふらさないようにと戒められた。
12:17 それは、預言者イザヤを通して言われていたことが実現するためであった。
12:18 「見よ、わたしの選んだ僕。わたしの心に適った愛する者。この僕にわたしの霊を授ける。彼は異邦人に正義を知らせる。「見よ、わたしの選んだ僕。わたしの心に適った愛する者。この僕にわたしの霊を授ける。彼は異邦人に正義を知らせる。
12:19 彼は争わず、叫ばず、/その声を聞く者は大通りにはいない。
12:20 正義を勝利に導くまで、/彼は傷ついた葦を折らず、/くすぶる灯心を消さない。
12:21 異邦人は彼の名に望みをかける。」

日々のみことばメモ

追記

今日も小グループの導きをやることになりました。まだまだ慣れないところはありますが、神様が全て導いてくださったことに感謝いたします^^

また分かち合いの中で、僕自身にも色々気づきが与えられたことに感謝です。特に責任感について色々考えさせられました。

また、一つ悔い改めるべきこととして、ボードゲームをやる場所を今後はちゃんと考えようと思いました。聖書や分かち合いの場所として使えるように、場所を独占してしまわないように気をつけないとですね!

注意していただいた先生と、神様に感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。