キックオフミーティング

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日一日も、全ての歩みをささえてくださった神様に感謝いたします^^

今日の午前中は、カンパニーのキックオフミーティングが渋谷にてありました。来期のカンパニーにおける、マイルストーン等が示され、なかなか中身の濃い二時間でした(ただ、こういった話を長い時間聞くことは僕は結構苦手なので、途中ウトウトしてしまいました。。反省。。)

また、今日はスプリントプランニングの日でした。来期からチームが変わるので、今回が今のチームでの最後のスプリントとなります^^

今季までに得た知識を元に、来期はもっと深い部分の知識を身につけていけたらいいなって思います。後、勤務外にちゃんとインプットをする時間を来期はもう少しちゃんととりたいなって思いました^^

明日からの業務も、主とともに頑張っていきたいものですね^^

来週はイースターですので、主の復活を待ち望む気持ちで一週間を送れたらいいなって思います^^

今日一日も、共にいてくださった神様に心から感謝いたします。

みことば

マルコによる福音書3:4

そして人々にこう言われた。「安息日に律法で許されているのは、善を行うことか、悪を行うことか。命を救うことか、殺すことか。」彼らは黙っていた。

日々のみことばメモ

追記

こちらの書籍の、ヨナ書の部分を読んでみました。

ニネベに行って、民たちが主に立ち返るように呼びかけるように言われたヨナが、主の言葉に背く姿の理由の部分の理由が、ようやく自分の中で理解できてきました。

ニネベはアッシリアの首都にあたります。

アモス書によって、北イスラエルがアッシリアによって滅ぼされることが示唆されているように、アッシリアは北イスラエルの脅威に当たる存在でした。

ヨナとしては、この北イスラエルの脅威となるアッシリアという地の民たちが悔い改め、主からの裁きから逃れることになるより、アッシリアが滅びてほしいと思ったから、主に示されたことに逆らって行動したということだったのですね。

これは確かにとある友人から教えてもらった通りの解釈だったので、友人すごいなって思いました。

また聖書について、色々教えてほしいですね^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。