エゼキエル書33:11

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日一日も、全ての歩みを支えてくださった神様に心から感謝いたします^^

今日はmtgがなかったので、在宅勤務を行いました。

今日でようやくAPI設計周りがひと段落したので、明日からは他の案件に集中できそうで良かったです^^

勤務後は、木曜礼拝に参加してきました。

本日のメッセージ箇所はエゼキエル書33:11でした。

今日のメッセージにおいても、捕囚の中にあっても神様は決してイスラエルの民達を見捨てることなく、最後まで諦めずに忍耐された愛の方であることを知ることができて感謝です^^

何より、僕たち罪人のために命をかけて罪をあがなってくださった神様の大きな愛に、今日もまた再び出会うことができて感謝です^^

神様から日々受け取っている愛を持って、隣人に対しても愛を注いでいけるようになりたいですね!

捕囚時代は、イスラエルの民たちにとってはとても苦しい時期だったと思いますし、捕囚時代について書かれた書(エゼキエル書、哀歌、etc…)は嘆きの言葉も多く、悲しい描写も多いです。

ですが、そんな中でも神様の忍耐強く、憐れみ深い姿が見える箇所があって、はっとさせられることも多いなって、最近は思います^^

今日一日も、たくさんの気づきを与えてくださった神様に感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

エゼキエル書33:11

彼らに言いなさい。わたしは生きている、と主なる神は言われる。わたしは悪人が死ぬのを喜ばない。むしろ、悪人がその道から立ち帰って生きることを喜ぶ。立ち帰れ、立ち帰れ、お前たちの悪しき道から。イスラエルの家よ、どうしてお前たちは死んでよいだろうか。

日々のみことばメモ

追記

今日も、とある人との会話の中で色々な気づきが与えられました。
特に、僕はあまり考えずに人の意見に同意してしまう傾向があることに気づかされました。

自分の傾向を一つまたこうして知ることができたことに感謝です!

また、気づいたからには、目を背けずに、主のみこころの通りにかえられて行くように祈って力をいただき、主のみこころにかなうように変わっていけたら良いなって思います^^

今日一日も、共にいてくださった神様に、心から感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。