バルセロナ三日目

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日ということで、一週間の恵みを心から主に表したいものですね^^

教会に向かう前に、グエル公園に寄り道。雨が降っていたにも関わらず、結構人がきていました^^

その後、バルセロナの教会にて、礼拝に参加してきました。スペイン語での礼拝に参加しても、ほとんどわからなそうだったので、英語の教会を調べて行ってきました。

今回お邪魔させていただいたのは、「St George’s Church」という教会です。

メッセージ箇所としては、使徒言行録(Acts)8章でした。

メッセージの内容としては、半分くらいしかわからなかったですが、何よりも神様を中心において、日々を歩むことの大切さについて繰り返しおっしゃっていました^^

礼拝の流れとしては、基本的には僕の通っている教会と同じで賛美があり、メッセージ、献金という感じでした。最後には聖餐式があり、これが毎週行われているのかはわかりませんが、結構な頻度で聖餐式は実施しているようですね。

他にも、色々印象に残っていることはあるのですが、もっとも印象に残っていることとしては、牧師さんと信徒の距離がとても近いなというところです。

僕の通っている教会では、礼拝前というのは牧師さんはメッセージや後のプログラムに向けて、黙想されている印象があって、あまり気軽に話しかけられる感じではないのですが、今回お邪魔した教会では、礼拝直前まで一人一人と話をしていました。

また、メッセージについても、特に原稿が手元にあったわけではなく、壇上を歩かれながら、ジェスチャー等を交えつつお話されていたのが印象的でした。

どちらが良いということではないですが、こういったフレンドリーな雰囲気の礼拝、僕は結構好きですね^^

礼拝後は、サクラダ・ファミリアの内部を見学してきました^^

天井がとても高いですね!そして、ステントグラスがとても綺麗です^^

また、地下にはサクラダ・ファミリアに関する博物館もありました^^

建物の一つ一つの部分について、ガウディがどれほどこだわって設計されたのかを知ることができました^^

サクラダ・ファミリアは、2010年に正式に教会として認定されたとも書かれていました。

完成まではまだ10年近く要するようですが、完成した際にはこちらにて礼拝をささげてみたいものですね^^

この後は、荷物をまとめて空港に向かいました。乗り継ぎ便にはなりますが、この後は実家にもどる予定です^^

今回初めてヨーロッパにきましたが、ずっときたい場所であったので、これて本当によかったです^^。色々な気づきがあった旅だったなぁ。。来させてくださった神様に感謝いたします^^

今日も共にいてくださった神様に、心から感謝いたします^^

みことば(通読で心に残った箇所)

ローマ信徒への手紙5:2

このキリストのお陰で、今の恵みに信仰によって導き入れられ、神の栄光にあずかる希望を誇りにしています。

日々のみことばメモ

追記

今回異国に行って見て、やっぱり語学ってもっと勉強したいなっていう思いになりました^^

インターネットによって、語学を学ぶ環境はとてもよくなったと思いますので、また時間のある時に勉強してみようかなと思います^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。