主は生きておられる

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日一日も、すべての歩みをささえてくださった神様に心から感謝いたします^^

今日も引き続き脆弱性対応をやっていました。こちらに加えて、差し込みでもう一つタスクが入ったので、こちらの開発作業も着手していました。

こちらは少し急ぎの案件のようなので、明日中に片付けられるようにしたいものですね^^

勤務後は木曜礼拝に参加してきました。メッセージ箇所はエステル記9:20-32でした。

雅歌とエステル記には、神様の名前が出てきません。そういった意味で、他の箇所と比べて少し特徴ある書物といえるかも知れません。

しかし、主が確かに生きておられ、モルデカイとエステルを通して働かれ、大きな計画の中でイスラエルの民たちに救いを与えられている姿を見ることができて恵まれました^^

主は今も私たちとともに歩んでくださっており、いつもともにいてくださることに心から感謝ですね!もっともっと、祈りの中で主と豊かに交わりを持っていけたらいいなって思います^^

今日一日も、ともに歩んでくださった神様に心から感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば(通読で心に残った箇所)

Iテモテ4:1

しかし、“霊”は次のように明確に告げておられます。終わりの時には、惑わす霊と、悪霊どもの教えとに心を奪われ、信仰から脱落する者がいます。

日々のみことばメモ

追記

伴奏が無事に終わって感謝です^^。まだ緊張はありますが、少しずつですが慣れてきているようで良かったです^^

礼拝後は、中野に移動して、またまったりと一緒に帰れて感謝です^^。短い時間でも、こうしてともに過ごせることは本当に感謝だなと思います^^

今日一日も、たくさんの恵みをくださった神様に心から感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。