神様のみことば(真理)で生きる

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です^^
今日は恵みとして、兄弟姉妹たちとともに礼拝を捧げられた恵みに感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、コリント信徒への手紙1:17-25でした。

信仰の基本は、イエス・キリストの十字架と復活であることと、イエス様の言葉(真理)にしたがって生きることの大切さを再度みることができて感謝です^^

メッセージの中では、イエス様の福音を何かの枠組み(器)に入れて理解しようとすることへの警鐘がありました。

現代という器に福音を入れて見てしまっているところはないかを、僕も振り返る良い機会が与えられました^^

僕自身も振り返ってみると、今までの経験を持って物事に対処しようと思うことがあります。

特に、その結果うまくいった時には、「それが神様の御心にかなった行いだったからうまくいったのだ」と、自分の中で(本当にそうかどうか黙想することなく)思ってしまうことがありました。

それは、神様の御心を、自分の経験という器に入れて理解しようとしていたことなのかなと気づかされました。

神様は、この世の中での成功のために僕たちに救いをくださったのではありませんし、これはきっと誤った考え方だったのだろうなと思うのと同時に、本当に僕たちは勘違いしやすい、弱さがあるなと気づかされました。

日々、神様の御心にしたがって歩むというのは、言葉にするのは簡単ですが、実際に行おうとするのは、本当に難しいことだなと思います。

イエス様という岩の上に、信仰をたてて歩めるように、もう一度みことばと祈りに立ち返りたいなって思いました^^

今日もこうして気づきをくださった神様に、こころから感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば(通読で心に残った箇所)

創世記43:30

ヨセフは急いで席を外した。弟懐かしさに、胸が熱くなり、涙がこぼれそうになったからである。ヨセフは奥の部屋に入ると泣いた。

追記

昨日、彼女と一緒に西荻窪でハンバーグを食べてきました^^。一緒に過ごせて感謝ですね^^。

そして、考えてみれば、このブログを書き始めてちょうど1年ほどが経ちます^^

ということで、ちょっと一年間を軽く振り返って見ました。
見返してみると、結構忘れてしまっていたことも多くてなんだか懐かしかったです笑。

こういった日々の記録をつけることって、なかなか良いものですね^^。やっていて本当に良かったです^^

と、同時に、もはやクリスチャンとは関係のないただの日々の記録みたいな記事も多くて、毎日の更新である必要はないなと気づかされました笑

なので、今後は週に2,3回をめどに更新していく感じにしようかなと思いました^^。(また毎日書き始めるかもしれませんが笑)

僕はちょっと完璧主義な面もあるので、こういった変化というのはちょっとためらってしまうところもあるのですが、変化した後には、今までとは違ったフィードバックが得られることも知っているので、なんだか楽しみでもあります^^

いつも知恵をくださる神様に感謝して、これからも主を証ししていくブログになれたらいいなと思います^^

今日一日も、たくさんの恵みをくださった神様に心から感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。