主なる神様の救いに対する情熱

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日として、兄弟姉妹たちとともに礼拝を捧げられた恵みに感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、マタイによる福音書14:1-12でした。
領主ヘロデ(ヘロデ・アンティパス)によって、洗礼者ヨハネが殺害されたことが書かれた箇所となります。

ヨハネも、イエス様と同じように、何か自分が罪を犯したから殺された訳ではありません。このことを持っても、ヨハネの死が、イエス様の死を暗示しているとのことでした。

考えてみれば、罪もないイエス様が僕たちのために身代わりとなってくださったことは、本当に何度も聞いたことですし、知っている事実なのですが、これがいかに大きなことなのかを毎回思い知らされます。

主なる神様が、私たちを救うために本当に強い情熱を持ってくださっている方であることに感謝ですね^^

今日一日のすべての恵みに感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

マタイによる福音書14:2

家来たちにこう言った。「あれは洗礼者ヨハネだ。死者の中から生き返ったのだ。だから、奇跡を行う力が彼に働いている。」

追記

振り返ってれば、今週もたくさんの恵みがありました^^

まず、インターンシップのメンター業務が無事終わりました^^
担当するチームが、(限られた開発期間の中で)しっかり最後までやり遂げてくださったこと、とても嬉しかったです^^

最終日(金曜日)に打ち上げがあったですが、そこで担当した一人から感謝の手紙をいただけたのは、予想外の出来事で、とても感動しました^^

また、土曜日には、職場で仲良くしてくれている同僚の結婚式に行ってきました^^
新婦の言葉に感動して泣いていた様子に、こちらも思わずうるっときてしまいました!

末長く幸せな家庭となりますように、心から祈ります^^

また、僕の大切な彼女とも、変わらず会ってお話できていることに感謝ですね^^
僕にはもったいない、よくできた彼女のこと、心から大切にしたいなって思います^^

これからもずっと一緒にいたいですね^^。忙しいのに時間を作ってくれて感謝ですね

今週一週間の、主からのすべての恵みに心から感謝いたします^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。