友人との交わり

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

9月に入りました。
ここから12月ごろまでは仕事がとても忙しく、残業や休日出勤が待っているので、ちょっと憂鬱な時期なのです。

ただ、季節的には秋が一番好きな季節で、紅葉がきれいですし、食べ物もおいしいので、仕事を早く片付けて、どこかへ出かけたいですね。

せめて高尾山に行って、季節を感じることが出来ればと思っています。

先日、通っている教会の信徒のひとりと仕事終わりの金曜日に食事をしました。
教会では軽く話をする程度でしたので、深い話をするのはその時が初めてでした。

現在の教会についてや信仰の話、男女のお付き合いやクリスチャンとしてのルールから教会に通い始めたころの事や信仰を持った経緯など、いろいろ話をすることが出来て、気が付いたら、終電が亡くなっていました。

とてもよい時間を持てたことに感謝です。

これまで特定の人としか食事することもなかったので、もっといろんなひとの話を聞き、ここで紹介できればなと思います。

申命記5章29節

29どうか、彼らが生きている限りわたしを畏れ、わたしの戒めをことごとく守るこの心を持ち続け、彼らも、子孫もとこしえに幸いを得るように。

神様の戒めを守ることは、神様に従順するということです。
神様は私達に戒めを守ることができるよう助けてくださいます。

ではどうすれば、いいのでしょうか。

それは祈ることなのです。戒めを守ることができるよう祈ることによって、自分の内に存在する聖霊が私達を守ってくださいます。

私達が守ることができないような戒めを与えるほど神様は無慈悲なお方ではありません。

ただ神様に祈り、聖霊の言葉に沿って歩めばよいのです。

仕事が忙しくなるこの時期に、心身ともに疲れて、祈りを怠り、ついつい罪を犯してしまうことのないよう、心がけたいと思います。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。