主は共に歩んでくださる方

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、堀本です。
今日は恵みの主日として、兄弟姉妹たちと共に礼拝を捧げられた恵みに感謝いたします^^

今日のメッセージ箇所は、マタイによる福音書14:22-33でした。イエス様が湖の上を歩いて、弟子たちの元にいく奇跡が描かれた箇所となります^^

本日の箇所を通してもたくさんの気づきが与えられましたが、僕が特に印象に残っていることは、神様が僕たちと共にいてくださり、「安心しなさい」と励ましてくださる愛の神様であることを再度知れて感謝でした^^

共に歩んでくださる希望が、どれほど大きな希望を私にくださっているのか、本当に感謝です^^

イエス様は、14:22(強いて)、14:23(夕方になっても)、14:25(夜が明けるころ)と、祈りに対して強く心を向けられていることが描かれていますが、僕もイエス様のように、もっと神様と豊かに交わりを持てるようにしたいなって思いました。

何より、神様のことをもっと日常の中でも忘れることなく、日々共に歩んでくださることに感謝できるようになりたいものですね^^

また、神様から受けた愛を持って、周りの隣人に仕えて行けるようになりたいです。

今日一日も、すべての面で支えてくださった神様に心から感謝いたします^^

メッセージメモ

みことば

マタイによる福音書14:27

イエスはすぐ彼らに話しかけられた。「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない。」

追記

今週一週間も、すべての必要を満たしてくださった主に心から感謝いたします^^

今月は僕の通っている教会において、修養会が備えられていますが、参加するすべての人が、神様との豊かな交わりが与えられますように^^

また、前期も終わりが近づいてきましたが、最後まで任せられた業務に忠実に歩めるように、備えていきたいものですね^^


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。