日本橋 べったら市

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

私が働いている日本橋で、19日、20日にべったら市というお祭りが開催されています。

毎年開催されているのですが、たしか、昨年は気が付いたときには終わっていて残念だったので、今年は日程確認して、昨日、仕事終わりに覗いてきました。

クリスチャンブログで書くのもなんですが、べったら市とは…。

大根を甘く浅漬けにしたべったら漬けを売る露店が、宝田恵比寿神社を中心に、旧大伝馬町一帯(日本橋本町三丁目、大伝馬町)また堀留町にかけてに並ぶ「日本橋恵比寿講べったら市」。江戸時代の中期、宝田恵比寿神社の門前で10月20日の恵比寿講(商家で恵比須をまつり、親類・知人を招いて祝う行事)にお供えするため、前日の19日に市が立ち、魚や野菜、神棚などが売られるようになったのが起源だという。露店は400~500軒が連なり、仕事帰りの会社員や遠路訪れる観光客で、大伝馬町は遅くまでにぎわいを見せる。

東京の観光サイト GO TOKYOより

ちょうど昨日は金曜日ということもあり、多くの仕事がえりのサラリーマンやOL、外国人観光客などでにぎわっていました。

最後の写真の広島風お好み焼きと写真は撮り忘れてしまったけどW、唐揚を買っていただきました。美味しかったですよ!

べったら漬けは、以前実家にも送ったりしましたね。購入したべったら漬けをヤマト運輸で発送できるところがあって、そこで手配もできました。

浅漬けでちょっと甘くておいしいです。

毎年恒例行事が開催されると、いよいよ今年も終わっていくのかなという気分になりますね。明日も会社に出社するので、時間があったらまた覗いてみたいです。

そういえば、明日の教会での昼食は、飯の友をひとり1品持ち寄って食べようという企画があります。(まあ私が提案したのですが。)

なかなか一気にいろんな飯の友を食べる機会もないので、もし面白かったり、美味しいものがあったら、ブログで紹介したいと思います。

ではでは、良い休日をお過ごしください。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。