渋谷ハロウィン

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

今日は朝から渋谷のハロウィンの話題で持ち切りでしたね。

若者があれだけ一気に終結して、お酒も入ったり、コスプレしてたら、騒ぎたくなるなあと思いながら見ていました。

ほとんどの人は映像のような違法行為はしていないでしょうが、結局、逮捕された人が5人も出たそうです。
警察署で冷静になったとき、逮捕された人はどんな心境なのかなと思ったりします。
反省しているのなら、ぜひその気持ちを忘れないで欲しいです。

ちなみにハロウィンとは

ハロウィンとは、毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭のこと。もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

キリスト教の祭ではない。ハロウィンに対しては、本体キリスト教にとっては異教徒の祭りであったことから、キリスト教教会においては、容認から否定まで様々な見解がある。

Wikipediaより

これを知っている人はあまりいないでしょうね。

キリスト教では収穫感謝礼拝が毎年教会で行われます。
わたしたちの教会でも11月18日に行われます。
ぜひお近くの教会に行って見てください。


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。