ゴスペルシンガー「久米 小百合」

記事が気に入りましたら、シェアをお願いします。

こんにちは、石井です。

先日Youtubeで昔の曲を聞いていたのですが、その中で音楽伝道師となっていた歌手がいらっしゃたので、紹介したいと思います。

久米 小百合さんの紹介

久米 小百合(くめ さゆり、旧姓:久保田(くぼた)、 1958年5月11日 – )は、日本のシンガーソングライター、キリスト教音楽家、日本バプテスト連盟加盟教会の教会員である。東京バプテスト神学校神学科修了。
1979年から1984年までは久保田 早紀(くぼた さき)として活動していた。
(出典:Wikipedia)

久保田早紀さんとして歌手活動をしていて、デビュー曲の「異邦人」が大ヒットしました。
とてもきれいな方で歌もうまく、当時ヒットしました。

現在は、クリスチャンとして音楽活動をしており、各地のキリスト教会等で教会音楽とアートを融合させたコンサートや、講演会、交流会を行うなど、活動を続けているそうです。

相変わらず綺麗な歌声

2011年4月16日に三島バプテスト教会にて行われたコンサート


当ブログを応援いただきありがとうございます。
更新の励みに、1日1回ポチっとお願いします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

フォローをお願いします。